構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Coming Apart 14 | トップページ | Coming Apart 16 »

Coming Apart 15

英語でHonesttyというと、正直と翻訳することとは少しずれがある。むしろ有言実行の感覚がある。しかも、正しいことを実行することをIntegrityと言う。

ところが、1980年代はアメリカでは,強欲の10年とも呼ばれた。ミルケンと言う悪党(日本の企業の乗っ取りもしようとした)がいたし、エンロンやワールド込むといった粉飾の経済犯罪が続出した。アメリカの経済界は腐敗して、米国の伝統である、Honestyが脇に寄せられている。個人破産の件数のグラフは興味深い。80年代から急上昇している。80年までは、十万人あたり、100件にもなかったものが、80年代から急上昇して、400件にも達している。

個人のIntegrityの精神がすっかり劣化しているかのようである。(つづく)

« Coming Apart 14 | トップページ | Coming Apart 16 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/55049948

この記事へのトラックバック一覧です: Coming Apart 15:

« Coming Apart 14 | トップページ | Coming Apart 16 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク