構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Coming Apart 15 | トップページ | Collapse of Hatoyama Cabinet in Retrospect »

Coming Apart 16

宗教心のことを、Religiosityという。アメリカは、敬虔なキリスト教徒の国ではない。2割が宗教がないとしている。教会に行って礼拝する人々は、70年代には、65%だったものが、半分になった。これも富める人々のことで、フィシュタウンでは40%に落ちている。アメリカに於いては、教会は社会資本としての活動の拠点であったが、それが失われたことになる。

宗教心は、黒人の方が白人よりも高い。しかし、減少傾向は白人も黒人も差がない。貧困層の白人は宗教心を殆ど失っている。(終わり)

« Coming Apart 15 | トップページ | Collapse of Hatoyama Cabinet in Retrospect »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/55049998

この記事へのトラックバック一覧です: Coming Apart 16:

« Coming Apart 15 | トップページ | Collapse of Hatoyama Cabinet in Retrospect »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク