構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Coming Apart 6 | トップページ | Labor Union »

Coming Apart 7

アメリカの新上流階級の文化の特徴は、

健康指向であることが特徴で、コレステロールを計って減量に務め、ワインをたしなむ。タバコは吸わない。(ちなみに、アメリカ人の三分の一が喫煙するといわれているが、上流階級はタバコを吸わないから、タバコを吸うこと自体が、下層階級と同一視されることになりかねない。)

ニューヨークタイムズ、ウォールストリートジャーナルの新聞を読んでいる。テレビは殆ど見ないが、ラジオの番組は公共ラジオの番組などを選んで聴いている。休暇の取り方が異なる、つまりアウトドアや、パッケージの旅行などには参加しない。外国人のインテリの友人がいるなどが、特徴である。

新上流階級は、子供に対する関心が高い。そもそも結婚する年齢が高い。

アメリカの1%の収入が,80年代の終わり頃から急増した。他の社会階層は横ばいで、低所得者層は、むしろ、急激ではないにしても、収入が減少した。つまり,アメリカの経済成長の利益は、上流階級の上位半分にのみ配分されたことになったのである。(つづく)

« Coming Apart 6 | トップページ | Labor Union »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/54937224

この記事へのトラックバック一覧です: Coming Apart 7:

« Coming Apart 6 | トップページ | Labor Union »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク