構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Red Hadkerchief | トップページ | Kuroshio 75 »

Resort Facilities in the Dark Times

http://montagekijyo.blogspot.jp/2009/03/blog-post_10.html

その反論。

http://www.watabe-wedding.co.jp/corporate/press/info/detail.html?press_id=188

メルパルクについての解説がネット上にある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%AB%E3%82%AF

旧・郵便貯金会館と同じ目的で、国立公園内に設置された、宿泊施設温泉プールなどを備えた複合型保養施設として、次の二カ所があったが、いずれも2007年3月末をもって閉鎖している。リゾート法が華やかなりし時代に建設された巨額の投資が行われた施設である。売却は郵政公社が民営化される前に行われている。「メルモンテ日光霧降」として人気を集めた日光の施設は、91年に郵便貯金総合保養施設として総工費200億円以上をかけて建設され、世界的建築家のロバート・ベンチューリ氏がデザインしたことでも話題を集めた。「公共リゾート」の中では、総合1位と言われる人気があったが閉鎖された。伊勢志摩の施設は、250億強で建設された施設が、地元の自治体を経て、数億円で売却されたとされる。

« Red Hadkerchief | トップページ | Kuroshio 75 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/55225298

この記事へのトラックバック一覧です: Resort Facilities in the Dark Times:

« Red Hadkerchief | トップページ | Kuroshio 75 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク