構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Postal Privatization Behind the Curtain | トップページ | Orthodoxy and Japan »

Mitsubishi, Mitsui or Sumitomo?

利益相反? 恥も外聞もないらしい。平成の払い下げが相次ぐ中で、倫理観が失われ、烏天狗の羽音が闇の中に聞こえるようになった。日本のカネと資産を実質的な支配したことを誇示しているかのようだ。皇城の前の広場の風格をクリスタルの異国情緒の城に改造して、日本の伝統と文化をないがしろにする気配すら感じる。日本の宿痾に成り下がってはならない。

http://blog.goo.ne.jp/thinklive/e/646a6158deba631800848b6123743789

利益相反?ウィキに次のような記述がある。

利益相反行為は一定の範囲内において不法なものであるとされ、法律でも規制の対象になっている。

職務上の利益相反行為

わかりやすく言うと、依頼者からの業務依頼があった場合、中立の立場で仕事を行わなければならない者が、自己や第三者の利益を図り、依頼者の利益を損なう行為のことである。例2がこれに近い。

例1. 例えば、行為者Aがある会社Bの社員(役員、従業員)でありながら、Bの競争相手である会社Cと関係を持ち、何らかの形で、AとCとが利益を得ると共に、Bが不利益を被るようなこととなる行為を言う。

例2. 家の強度試験を行う民間検査会社の株主が、住宅メーカーである場合などがある。この場合、検査会社と住宅メーカーとでは直接は利益が一致していない。しかし、上下関係があるため、チェックが甘くなる場合がある。結果として、試験結果が甘く付けられ、住宅を購入した人が不利益を被る恐れがある。

« Postal Privatization Behind the Curtain | トップページ | Orthodoxy and Japan »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/55282868

この記事へのトラックバック一覧です: Mitsubishi, Mitsui or Sumitomo?:

« Postal Privatization Behind the Curtain | トップページ | Orthodoxy and Japan »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク