構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« Unfounded Claim | トップページ | Justice and Territory »

Unfounded Territorial Claim

「明の時代から尖閣は中国が支配していた」と強弁してきた中国共産党であるが、このほど長崎純心大学の石井望准教授が発表した明朝の公式文書「皇明実録」の中では、尖閣は琉球に­属し「明の領土ではない」ことが明示されており、さらに「台湾の付属島嶼」でも無いことが証明された。中国政府の支離滅裂なプロパガンダを完全に粉砕した石井望准教授と電話で­繋ぎ、この発見の意義について聞いている。尖閣の領土問題を棚上げすることが智恵だなどと、訳知り顔に解説している政治勢力があるが、売国の勢力である。尖閣はもともと大陸の影響下にはない。黒潮の民族の島々だ。日本の領土である。

« Unfounded Claim | トップページ | Justice and Territory »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/56654564

この記事へのトラックバック一覧です: Unfounded Territorial Claim:

« Unfounded Claim | トップページ | Justice and Territory »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク