構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« A Man for All Seasons | トップページ | The Last Samurai »

Market Fundamentalism and Villains

講談社刊の「市場と権力」を、これまでにも紹介してきた。新潮社の去年の最優秀ノンフィクションとして、新潮ドキュメント賞にも撰ばれた。

また嬉しいことが起きた。4月3日に第45回大宅壮一ノンフィクション賞(日本文学振興会主催)の選考会が開かれ、「市場と権力」(講談社)が受賞したのである。

第七章では,郵政民営化の虚妄について詳述している。

著者の佐々木実氏が7年間の歳月をかけて取材して、また活字にして文句のつけようがない厳選された内容であり、構造改革論や,小泉・竹中政治の闇を追撃する好著である。

...
皆様、ご一読を賜りますよう、あらためておすすめします。

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784062184236

http://www.bunshun.co.jp/award/ohya/

« A Man for All Seasons | トップページ | The Last Samurai »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209267/59432561

この記事へのトラックバック一覧です: Market Fundamentalism and Villains:

« A Man for All Seasons | トップページ | The Last Samurai »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

興味深いリンク