構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

Arrogance and Fury

越後の磐船近くに住む日頃は温厚篤実の畏友から、珍しい憤怒の便りが寄せられた。都会の親戚から新聞のコピーを送られ、それを読んで、「最近血圧の薬を飲むようになったので日ごろはあまり腹を立てないで暮らすように心がけているが、いささか腹の虫に障るところがありましたので文章にしておきました」とのことだ。郵政民営化の虚妄と奢りの本質を衝いている。ご参考まで。

           「郵便局」
 篠原三代平先生の時代からリチャード・クー氏、植草一秀先生たちが解りやすく経済の記事を書いていた頃まで「日本経済新聞」の読者であったが、所謂「改革」がはじまり「新自由主義新聞」とか「上げ潮新聞」とかに紙名を変更した方がよいと思うようになって読まなくなった。先日偶然日経新聞の「あすへの話題」というコラムに元郵便局(株)代表取締役会長古川洽次氏が郵便局について書いているのを目にした。(2014.11.10夕刊)記事の内容は次のとおり...
 
 日本国という名前の山があることを知った時は驚いた。山形と新潟の県境にある標高555メートルの山で、その麓の郵便局に行ったときに望遠したが、ごく普通の山だ。 民営化で生まれた郵政の会社に転じて、先ず実行したのが現場回り、つまり各地の郵便局を訪ねることだった。 会社を経営していくうえで、問題の予兆や発生の原因、課題解決のヒントや答えは、必ず現場にあることを、民間会社での45年に及ぶ経験が教えてくれたからだ。
 毎週1日、予告なしに、各県の中央局から山間僻地の簡易局まで、原則日帰りで回った。在任7年間に、全国各地の1089局を窓口から訪ねて、局員やお客様の話を直接聞いたのである。当初は、どこの年寄りが来たのかと、訝られたようだ。 郵便局の仕事は規模の大小により、担務の範囲は変るが、業務内容は基本的に一緒だ。従って事前に連絡して行くと、どの局に行っても略同じ話を聞くことになる。しかし、突然訪ねると、百局百様、現場特有の素顔を見せる。民営化された会社の諸施策を進める中で、そのことが大層参考になった。 過疎地では、お客様に会うと異口同音に「JAが撤退、小学校も閉校した。郵便局だけは残って下さい」と懇願された。株式上場を目前にして、効率経営を求める資本市場と対面しなければならない郵政グループにとって、過疎と集中は思い現実だ。 忘れ難い経験もある。南大東島から北大東島には漁船で渡った。南北12キロの海峡は深さが1000メートルもあり、海の色は飽く迄も青く、真ん中辺りは深い藍色である。篠原鳳作の「しんしんと肺碧きまで海の旅」の世界に紛れ込んだような気がした。

 
 民営化後の郵政の会議で古川氏の話を聞いたことがある。「お客様のために」とか「地域のために」とか「現場が働きやすいように」という話もあったかと記憶している。日経新聞のコラムは7年間に1089局を訪問したと伝えているが、古川氏の肩書はなぜか「元三菱商事副社長」となっている。古川氏ご自身の考えなのか、新聞社が勝手につけた肩書なのか知る由もないが、訪問を受けた現場の人たちはどう感じることだろう。古川氏が高額の報酬を得ながら物見遊山の旅を続けたとは思いたくないが人を馬鹿にした話ではないだろうか。


 「改革」の本丸と言われた郵政民営化のその後の推移を見れば、民営化と分社化は郵政事業を良くすることでも国の経済を活性化することでもなく、国民の貴重な虎の子であり国の大事な資産でもある360兆円の郵貯・かんぽ資金を破壊することであり、カード事業や不動産関連事業の展開を見ても三井住友とか三菱とかの資本が民営化のショックに付け込んで巨額の利益を手にすることであったことが明らかになりつつある。

 「語るに落ちる」とか「天網恢恢疎にして漏らさず」とかそういう言葉を想起させるような話でもある。

Kuroshio 126

真珠と大航海時代

 橋の欄干にかぶせた、両手を合わせたような形の部分を、擬(ぎ)宝(ぼ)珠(し)と言う。真珠の代用と思う。人柱を立てるまでもなく、祈りが籠もっていることを示して、大洪水にも橋桁が流れないようにとの意味だ。熊本市内の龍田山泰勝寺跡には細川氏初代藤孝とその妻麝香(じゃこう)、二代忠興とその妻玉子(たまこ)の霊廟があるが、玉子は明智光秀三女で、名前は明智珠。キリシタンとして有名であるが、石田三成に追われ自害した終焉の地が大坂の玉造であったのも、真珠との縁を伺わせる。辞世の歌として「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」が伝わっているが、人柱の代わりとなった擬宝珠のように、戦国の世を生きた女の中でも、とりわけ壮絶かつ気丈な人生であった。

 さて、フランシスコ・ザビエルが、真珠を求めて日本に来航したとの説を知り、いよいよ想像力を掻き立てられている。ザビエルはイエズス会の創設者の一人として、インド西海岸のゴア近くに赴いたが、真珠産地の労働者を改宗させたことが一大功績となった。アラビア海の奥にも真珠の大生産地があったが、そこはイスラムの地であるから、東方の真珠の生産の地を探して、地域住民の改宗の為に布教していくことを目的としたに違いない。フランシスコ・ザビエルが、一五四九年、薩摩の鹿児島に最初に上陸した理由の糸口が理解できるように思うが、錦江湾の周辺に真珠の大生産地があったことは先号に書いた。ゴアの真珠採取の労働の劣悪さについては、色々な記録が残されているが、木を掘って溝を作り、そこに水をためて、真珠貝をほおりこんで腐らせる。蛆が湧いて、貝肉を食べ尽くしたところでそれを洗い流して、残った貝殻の中から真珠を採取するという方法である。腐臭にまみれた劣悪至極な環境であることが想像され、その労働に従事する人々が、解放の神学のような基督教の魅力に容易に引き込まれたことは想像するに難くない。ザビエルは、真珠の労働者の精神的な救済を布教を目的として来日した可能性があるが、そこはまたインドのゴアの状況とは異なる状況にあったこともまた疑いがない。大日本では山と海の人々の区別があったことは事実であろうが、そもそも、隼人が海の民であって、神武東征以来の朝廷の守り人の役割を担っていたから、インドの真珠労働者のような劣悪な待遇を受ける可能性は低かった。黒潮の民である隼人は勇猛果敢で、薩摩の中でも、反乱を相次いで起こしたことがあるほどだから、ゴアの真珠労働者のように新たな信仰を求めて、彼岸に希望を寄せるような鬱屈して忍従するような屈辱を潔しとする人々ではなかった。ザビエルはトーレス神父に後を托して二年後には離日しているが、トーレスが西彼杵(にしそのぎ)半島の横瀬浦に本拠を置いたのも興味深い。イエズス会は肥前風土記にも書かれた、真珠の産地を拠点としたのである。後に禁教令が出されてから、隠れキリシタンとして信仰を維持したのは、むしろ長崎の五島の島々などに住む改宗者であって、真珠の産地との関係があるとの兆しはない。日本はすでにヨーロッパと比較しても高度の文明水準にあり、その点で、ザビエルの前時代の大航海時代に中南米を席巻蹂躙したような征服ができる要素はもともとなかったのであり、布教の対象となる人間の悲惨が、インドや中南米のようにすぐには見当たらなかった。日本の為政者はヨーロッパの実力の背後に、精神ならぬ鉄砲という兵器があることを見ぬいて直ちに火器の模造に着手した。また、琉球王国を含め種子島など「道の島」の連なりを海外情報吸収の先端地とすべく統治を強化している。

 コロンブスは、ジパングに辿り着く前に、第三回目の大西洋横断の航海でようやく真珠を手に入れたとされる。真珠の世界的な大生産地がベネズエラの海岸に見つかった。人間狩りがあり、原住民は奴隷にされ強制的に海に潜らされて真珠貝が採取された。奴隷一人の値段は真珠二個だった。真珠採取は原住民を絶滅させたのである。スペイン人がパナマ地峡を越えて、太平洋を「発見」したのが一五一三年であるが、パナマは以来パナマ黒蝶貝の大粒真珠の生産地として、アラビア海と紅海に加わることになる。スペイン無敵艦隊(アルマダ)を撃破した英国のエリザベス一世の肖像画は、六連の大型真珠の首飾り(ネックレス)をつけた絵である。

 先週、アリゾナ州に観光に行った。乾燥地のセドナの峡谷に残された、原住民の洞窟居住地跡を訪ねてみた。貝殻細工が残り、素材は八〇〇キロ離れたメキシコ湾から運ばれてきたという鰒の貝殻を加工したものだった。北米原住民は当時まだ石器を使うような文明の水準にあったから、ヨーロッパからの新参者によっていとも容易に土地を奪われ、略奪され、そして支配されていった。今では政府指定保留地(リザーべーション)と呼ぶ自治権のある保護区に押し込められ居住している。最近は石油などが発見されてカジノを経営したりする部族もあるが、とても豊饒の地とは思えない。伝統工芸の製造も失われたらしく、安物の支那製紛い物を「インディアン土産」と称して露天で売っていたが、買う気もしなかった。  (つづく)

Insider Transaction

評論家の副島隆彦氏の新刊書、「官製相場の暴落が始まる」(祥伝社、1600円+税)は、アベノミクスの株の高騰を、官製株バブルと呼んで、来年から崩れ始めると主張している。株価はいくらまで、いつまで上がり続けるのか、円・ドル相場、金価格、債券(金利)、不動産はこう動く、イエレンFRB議長「金融緩和をやめて金利を上げる」発言の真相、急激な円安は、「ゆうちょ」「かんぽ」の米国債買いから始まった、GPIFを使った「官製相場」の実態を暴く、世界は「金融」から「エネルギー」の時代へ向かう、などと、各課題について、議論を展開している。

いわゆる金融予測本の一つであるが、人気のある評論家らしく、相次いで類書を執筆して発表しているが、今回の新刊書の巻末には、暴落があってもへこたれない「業界首位」で買う優良銘柄32として「副島隆彦が推奨する株」のリストを巻末の付録としている。

官製相場を株価の計画的なつり上げと定義して、日経平均が一万七千円台を目指す動きになっていると書いていたが、これは達成され、予測は的中したことになる。やがて、作られた相場の暴落が起きて、一斉に株価が下がるので、それでも、32に推奨銘柄は、強いとして、基礎体力が頑健だから、官製相場の暴落があっても、必ず立ち直るとしている。

第三章が、本の名前にもなっているように、官製相場の暴落が始まる、と主張しているが、まず、日本株が上昇基調をとり続けるのは、GPIF(年金積立金管理運動独立行政法人)の資金128兆円を使って、株の買い上げ、買い支えが続くからであるとしている。GPIFの買い支え相場が始まったのが、今年の五月中旬からであるとして、日本経済新聞の本年8月29日号の記事が、それとなく書いているとしている。株の上昇トレンドを政府自身が官製相場で作っているが、日銀が日本株を買い支えてきたが、六月からGPIFに後退したとの見方を述べているが、その理由は、消費税の10%への追加増税の決断の発表をするために、つり上げていると分析したうえで、日本国内のあらゆる業種で売り上げが落ちたことを指摘して、消費税を無理やり釣り上げ、金融商品取引法259条違反、つまり相場操縦罪に該当する価格操作を政府自身が行っていると書いている。政権の延命策であるが、「来年になったあら必ず起きるであろう暴落に備えるべき」であるとしている。

安倍・黒田会談で株高演出、株価連動政権の面目躍如と見出しを付けた日本経済新聞の記事(本年9月11日)を紹介して、その一週間後に、1万6千円を付けたとしている。昨年4月4日に就任した黒田日銀総裁による前人未到の異次元緩和が断行されたが、、その巨額の政府資金の一部が、株の買い支えが行われているが、自然の力による揺り戻しが来ておかしな政策を実行しているものは、舞台から退場していくことになると述べている。

ゆうちょ円安が仕組まれたと、小見出しを付けて、円安の流れが続くとしているが、これは、この8月20日に、日本郵政(ゆうちょ銀行、かんぽ生命)が、大量に米国債を買ったことが露見したことに起因していると書いている。「”世界皇帝“デイヴィッド・ロックフェラー(99歳)の直径(直弟子)である西室泰三(日本郵政社長)が、竹中平蔵の指示(命令)で、日本国民の大切な資金をアメリカに差し出したのだ。これで急減期にドル高・円安が進行した」と書いており、8月20日から、40日間で7円の円安となっていることを跡づけて、日本経済新聞の「円安、背後に公的マネー、4か月半ぶり、103円台。ゆうちょ銀、外債に投資6.8兆円増」との報道を引用している。日本の資金で米国債が、30兆円ぐらいが貢がされただろうと書いているが、米国政府は、そのまま公務員や軍人の給料に変わっていくとしている。「この外債買いを実行している仲介業者で、日本国政府の正規代理人は、ゴールドマン・サックスである。と同時に、ゴールドマンは、ゆうちょ・かんぽ株式会社のアドバイザー職にもついている。これは利益相反行為にあたると昔から問題にされている。」

日本経済新聞は、8月21号で、ゆうちょとかんぽ生命が外債購入のための円売りに動いた、と市場関係者はささやいた、と書いている。

円・ドル相場の陰でインサイダーが動いたとして、著者の副島氏は、「私は、竹中平蔵や西室泰三は悪党であり、大ワルだと何年も書いてきた。しかし、私が間違っていた。竹中平蔵は大悪党なのではなくて悪魔だったのだ。悪魔(デビルあるいはサタン)そのものであったのだ。私の考えが甘かった。彼らは日本国民を苦しめるために何でもするのだ。容赦がない。」と悲憤慷慨するような文章を叩きつけるように書きつけている。

ロイター通信は、8月18日に、謎の投資家が円高抑制、反発力奪うとの指摘も、と見出しを付けた記事を配信していたが、その記事のなかで、準公的な資金が動いた形跡もあり、官製相場との批判もあるこのの動きは、円高抑制に一定の効果を上げる一方、今後のドル・円相場の反発力を奪う可能性も懸念されている、とした報道を引用している。

以上、とりあえず、副島隆彦氏の新刊書の内容のさわりの部分を紹介した。消費税の増税の見送りがあり、衆議院が解散され、選挙が行われる。ご参考まで。興味深い内容が書かれている本であるから、仔細は、原本を直接参照することにして頂きたい。

Kuroshio 125

「魏志倭人伝」には、倭国で真珠を産出したことが明記されている。邪馬台国の女王「卑弥呼」が使節を派遣して「親魏倭王」という称号をもらった際に、魏王は卑弥呼に対して朝貢の礼の品として、金印と紫綬の他に真珠五十斤等を下賜したと書いている。十一キロに相当するが、もともと大きな真珠は温かい海の産物であり、個数を数えないで重さで表現しているのは、川や湖沼の淡水に産する小粒のいわゆる芥子(けし)真珠だから、個数を数えずに重さの五十斤としたことが想像される。卑弥呼の後を継いだ壱与の時代になって、大陸の王朝に使節を送った際には、倭国から白珠五〇〇〇孔を献上したと魏志倭人伝に書かれている。白珠に加えて、青大句珠二枚等の記載もあるが、これは礼文島の船泊遺跡の副葬品が示しているように、メノウや翡翠の板状の貴石か勾玉であったと思われる。真珠五〇〇〇個の数は、アコヤガイ一万個から一粒か二粒の真珠が獲れる、あるいは一トン以上の貝をあけて、三個か四個の真珠を見つけるだけだというのが、天然真珠の常識であるから、五千個の真珠を採集するには、なんと、二千五百万個ないし五千万個の膨大な数のアコヤガイを採集して開いたことになる。アコヤガイの採取は、ひとりの海人が一日に千個採取する能力があったとの記録もあるから、真珠貝を採取する専門にする海人の何千人もが、寄ってたかるようにして、アコヤガイを採集すれば、ひと月もあれば五千個の真珠を採取出来る。アコヤガイは、それほど浅い海に生息する貝ではない。二メートル程度の深さに生息している場合もあるが、十二メートルから、深いところでは四十メートルに及ぶ場合があった。インド洋、ペルシア湾、紅海、インドとスリランカの間のマンナール湾が、潜水による真珠採集の有名な場所である。支那の広西チワン族自治区には珍珠城という地名すらある。フィリピンのスル諸島の真珠が世界最高級だといわれてきたのは、真珠が黒潮文明の源流の特産品であったことを示している。アメリカ大陸の原住民は川や湖の貝から真珠を採集していたから、オハイオ、テネシー、ミシシッピー州では、今なお淡水真珠を特産としている。ちなみに日本の養殖真珠の核となる貝殻はミシシッピー川で採集される淡水産の貝殻を加工しものだ。今でも日本は米国から、真珠の核にする貝殻材料の輸入を続けている。

日本書紀には、淡路島にアワビ玉を採取した阿波国からの海人が住んでいたことが記されているが、肥前国風土記には、速来津姫(はやきつひめ)という、早岐地方の巫女(みこ)がいて、健津三間(たけつみま)という名の弟が、石上の神の木蓮子(いたび)玉という、イタビの実と同じような黒く奈良県天理市にある石上神宮の神宝を思わせる玉を持っていたことを記録している。ひとつが、その木蓮子玉で、もうひとつの玉を白珠としている。原文では、玉と珠とを書き分けているから一方は貴石で、ひとつが真珠であった。もう一人美しい玉をもつ川岸に住む人がいたが、それを取り上げて都に還って献ったとして、三色(みくさ)の玉があったことを記録している。珠玉が多くそろっているという意味で、具足玉(そなひだま)の国と命名されたが、後に訛って、彼杵(そのき)郡というようになったとの話が書かれている。大村湾の沿岸地域の地名として今でも残っているし、半島もその名のままで残っているから、風土記が編纂された頃には、大村湾が真珠の大産地であったことは疑いがない。肥前国風土記には、遣唐使が福江島の北西突端にある美禰楽(みみらく)の岬から西方に発船(ふなだち)したことを書いているが、遣唐使も、真珠を日本の特産品の献上品として持参したことが支那の資料に残る。福江島の白水郎(あま)は、容貌が隼人(はやと)に似て、馬に乗ったまま上手に弓矢を射ることができ、言葉は、肥前国の言葉ではなかったと風土記は書いているが、淡路島でのアワビを取る阿波の出身の海人と同じように、潜水して真珠貝を採集する漂海民が居着いていたものと思われる。

 福江島の縄文時代の遺跡には、真珠そのものは出土していないが、アコヤガイの貝殻が出土している。アコヤガイは、世界的に日本列島が生息の北限であるが、錦江湾の沿岸にある貝塚からは大量に出土している。鹿児島市の草野貝塚からは、貝殻ばかりではなく、真珠が十三個も出土している。縄文時代後期の産とされ、桃色と青色の真珠も含まれており、貝殻が付いて残ったままの真珠も五個ある。鹿児島湾の東岸、垂水市の柊原(くぬぎばる)遺跡は、標高十メートルくらいのところにアコヤガイ層が何層もあり、あまりにも量が多く、どのくらいの量が本当にあるのかは不明な程の巨大貝塚である。モクハチアオイガイという貝の殻が半分以上を占める。福岡県の糸島半島の天神山遺跡でもアコヤガイと真珠が発掘されている。孔があけられた真珠として日本最古と言われるのが、北海道の古宇郡泊村から出土した真珠二六個のうちのひとつである。アコヤガイではなく、海水産の二枚貝のエゾヒバリガイからの真珠だと言われている。ちなみに、日本最古の真珠は、福井県三方郡三方町の鳥浜貝塚から出土した約五五00年前の縄文前期のもので、直径十七ミリの半円球の真珠である。(つづく)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

興味深いリンク