構造改革、民営化、市場原理主義の虚妄から、マインドコントロールを解くための参考図書館

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

Impeachment

下記の文書が当方ブログに届いた。9月24日付、東京都内の郵便局の消印があった。ご参考まで。当方ブログは、郵政民営化の虚妄に翻弄されたなががも新自由主義の蛮行にささやかな抵抗を試みてきたこともあり、この文書の筆者の主張には、同志を得た思いであるが、残念ながら住所も署名は入っていない。封筒の裏には、郵便局を守る会と書いただけの小さなシールがはられていた。

                                                                                                       2016.9
「横山邦男の日本郵便((株))社長就任を糾弾する」
                                                                                                        郵便局を守る会

 去る6月28日、元三井住友銀行常務執行役で前三井住友アセットマネジメント代表取締役社長であった横山邦男が、日本郵政(株)取締役を兼務する形で日本郵便(株)代表取締役社長に就任した。同人は、かって元三井住友銀行会長から日本郵政代表執行役社長に就任した西川善文の側近として帯同し、2006年2月から2008年10月まで日本郵政専務執行役として勤めていたものであるが、その間かんぽの宿等の一括廉価売却や日本郵便のゆうパックと日通ペリカン便との統合による大損失を発生せしめるなど郵政グループの中枢にあって事業経営に多大の損;外をもたらした張本人である。同人は、西川社長の厚い信任を得て、三井住友銀行出身者等(いわゆる4人組)の首領となって郵政プロパーの意向を無視してほしいままに郵政事業経営に対する背信行為を行った。
 その数々の背信行為は、西川社長退任後の2010年1月に総務省に設置された日本郵政ガバナンス検証委員会(委員長 弁護士郷原信郎)の日本郵政ガバナンス問題調査専門委員会報告書(別添)検証総括報告書の中で、仮名「A専務」の行為として記録・報告されている。主な背信行為は、以下のとおりである。

(1)  日本郵便の物流事業(ゆーパック)と日通の宅配便事業(ペリカン便)の統合事案
  日本郵政の西川は、ゆうぱっくとペリカン便の統合を企てたが、両事業とも赤字であったので統合に夜赤字の拡大を予想した日本郵便の当時の会長や社長は、統合に消極的であった。すると西川は、日通との統合交渉から当事者の日本郵便を外し、すべてを部下の横山に任せた。横山は、日本郵便の首脳陣に何も知らせずに一方的に交渉を進め、2007年10月日本郵政・日通間の基本合意書を締結し、さらに日本郵便首脳陣の反対を押し切り、2008年4月日本郵便・日通間の基本合意書を締結させ、同年10月統合会社JPエクスプレス(JPEX)を設立させた。しかし監督官庁の総務相が郵便事業からのゆうパックの切り離しを認めなかったため、日本郵便はやむ得なく2010年7月JPEX社を生産し、日通のペリカン便事業をゆうパックを含む郵便事業全体の中に吸収することとした。
 JPEX社資産の日本郵便への承継により、日本郵便はJPEX社解散時に983億円の累積損失が見込まれ、その後数年間日本郵便は、その赤字処理に苦しむこととなった。このように日本郵便の今日の財務悪化tの原因を作ったのが、日本郵便の社外取締役を含む経営陣の意向を無視して統合を強行した西川と横山であった。
(2)  かんぽの宿等の一括廉価売却事案
 日本郵政は、国営郵政事業からかんぽの宿等各種の利用者福祉施設を受け継いでいたが、郵政事業の民営化を契機に不採算施設の処分を進めていた。横山は、この各種世説の処分を任されていたが、長年説運営に当たっていた関係社員や処分についてアドバイザーとなった専門家の意見をも無視し、恣意的判断で処分を強行したのである。
 すなわち、かんぽの宿等は、国営事業から承継した国有財産として公正かつ敵性評価で処分すべきものである。当時サブプライムローン問題による不動産市況冷え込み等により、セラー安渡バイザイーのメリルリンチ日本証券から2008年8月~11月にかけ三度にわたり処分の中止や円気等の選択肢が提言されていた。また同じくセラーアドバイザーの日本政策投資銀行から処分価値の増大等の観点から個別売却を助言されていた。しかるに横山を責任者とする執行部は、これらの提言、助言を無視し、2008年12月不当に低価でオリックス不動産との一括事業譲渡契約を締結した。
 締結に当たり付議した経営会議も極めて形式的なものであったうえ、その後に置いても取締役会における本事案の報告の際に社外取締役から出された種々の有益な意見を執行部は平然と無視したのである。
(3)郵政の自社ビルJPタワーに入れない郵政博物館の事案
これはガバナ数素見小委員会の調査事項ではないが、横山が行った重大な背信行為として記録に残されるべきことである。
 前島密(1853年_1919年)は、郵政グループ内では、国営事業の時代から「郵便事業の父」と呼ばれ、正に郵政事業の創業者(ファウンダー)である。このことは郵政が民営化された今日でも変わらず、その創業の精神は新生の郵政各社に連綿として受け継がれている。
 郵政事業の創業者である前島密の遺品や創業時の関連資料は、1964年の国営事業時代から東京・大手町の逓信ビルに設置阿荒れた逓信総合博物館に大切に保存され、一般公開もされていた。一方、東京・丸の内の東京中央郵便局が今日の高層ビルJPタワーに建て替えられるに辺り、東京都は、建築許可の条件の一つとしてビル内に文化施設の設置を認めた。ちょうど同じ頃逓信総合博物館の入って居る逓信ビルの解体・建て替えヶ検討されていたので、当然のこととして博物館を運営する逓信協会の理事長から日本郵政側に博物館のJPタワーへの移転の要望が出された。しかし、逓信総合博物館の展示物の中でNTTとNHKを除く郵政の展示物だけが日本郵政の直轄で運営されていたため、東京都は、郵政博物館は郵政の宣伝施設であるため文化史悦の条件に該当しないと判断した。これに対し、横山らの執行部は、郵政の展示物について文化資産であるとの反論をせず、また文化施設の条件を満たす為の何等の工夫・検討もせず、安易に郵政博物館を排除して一般公募にかけ、郵政とは縁もゆかりもない東京大学の博物館を入れること年、今日JPタワー2・3階にインターメディアテクの名称で東京大学が、博物館を開設している。
 この結果、逓信ビルの解体が決まると郵政グループ内での行き場のなくなった郵政博物館は、やむなく東武鉄道からスカイツリーのお膝元のソラマチビルの9階フロアを借り、公益財団法人通信文化協会の事業として、2014年から細々とオープンしたのである。
 民間企業であれば創業者の遺品や関連資料は、自社内の施設の中で大切に保存され、長い伝統を有する大企業であれば、歴史的価値のある貴重な資料として一般の閲覧、公開にも応じるのが常識である。しかるに、郵政の場合、創業者の遺品・文献や創業時の関連資料を保存し、公開している郵政博物館が、郵政グループ内の施設にも入れず、高い敷金と借料を払って民間の商業施設に入り、他方郵政とは縁もゆかりもない東大の博物館が、敷金も借料も払わず(おまけに日本郵政は、運営費として3億円の基金まで寄付している。)、東京駅前の超一等地にある郵政の自社ビルに堂々と入っている。この理不尽に多くの人は気づいていない。
 横山を初めとする当時郵政の不動産処理に当たった外人蓋の郵政事業の歴史の無知・無理解、郵政事業への情熱の欠如が、このような理不尽な結果を章せしめたKと尾は明かである。もし、横山らに創業者の資料は郵政の自社ビル内に大切に保存しなければならないと言い動く当たり前の常識があれば、東京都の文化史越非該当との単純な言いがかりに対し、日本郵政の保有する展示物について公益認定されるべき歴史的価値の名るン文化遺産であると主張できたはずであり、さらに日本郵政の直営から切り離し、今日のように公益財団法人のもとで事業運営するという智恵を働かせることにより、建築条件を完全にクリアして、郵政博物館は郵政自社ビルのJPタワーに入ることができたのである。
 今日、高額な敷金と年間借料は、日本郵政が(公財)通信文化協会への事務委託費として支払い、日本郵政に毎年大きな損失を与え続けているのである。

 以上横山の関与した三つの日本郵政在勤中の背信行為を述べてきたが、冒頭のコンプライアンス委の報告書の中には、その他のコンプライアン明日違反事案が指摘されている。
 コンプライアンス検証委員会のヒアリング調査に大使、郵政グループのプロパー職員は、ヒアリングに応じたが、西川及び横山を筆頭とする三井住友銀行向者などは、総務省と郷原委員長の再三の要請にも関わらず、多忙等の理由でヒアリングに応じていない。弁明の機会があったにもかかわらずそれを拒否するという不誠実かつ真実解明に協力しないという態度は、自らの誤りを隠蔽する行為だと批判されてもやむをえまい。
 西川及び横山は、かんぽの宿等の所ぶんっじあんの特別背任容疑で東京地検に告訴・受理されるなど辞任圧力に抗しきれなくなり、2009年10月西川が日本郵政の社長を辞任すると、横山を首領とする四人組も追われるように郵政を去っていった。
 横山邦男は、3年8ヶ月日本郵政専務執行役として在任中、社長西川の新任をいいことに郵政グループの事業譲渡やグループの保有する不動産がらみの案件処理について、恣意的かつ専横的に振る舞い、郵政グループに対し多大な損失をもたらす重大な背信行為を行った人物である。横山のこのようなやり口は、郵政グループ内で不評を買うこと隣、横山自身も郵政社員の憎悪の的となっていたことは気付いていたはずである。それがあろう事か日本郵便の社長候補に挙がると、固持するどころか厚顔無恥にも受諾し、歓迎されない職場に出戻り、ぬくぬくとトップの座に就いたのである。
 横山邦男は、郵政事業に対する思い入れは微塵もなく、むしろ郵政事業に多大な損害をもたらした人物であり、郵政グループから永久追放されるべきA級戦犯として責任追及があって然るべきである。そのA級戦犯がで戻って日本郵便のトップにすわる現状は、日本郵便の社員全体の士気は下がるばかりで、社員はもとより郵政サービスを利用する国民にとっても不幸このうえない事態となっている。
 郵政グループの社員は、一丸となって横山邦男の排斥運動に立ち上がるべきである。
 ここに横山邦男の社長就任を糾弾し、日本郵政と日本郵便の取締役会に対し、即刻同人を日本郵政取締役と日本郵便代表取締役社長の解任を要求する。
 併せて日本郵政の株主である国と監督官庁である総務省に対し、株主権と監督権限を発動して両社に横山邦男の取締役と社長解任を決議させると共に不明朗な同人の社長就任の敬意を調査し、公表することを要求する次第である。

Kuroshio 166

名寄高師小僧と鈴石

●北海道の旭川を往訪した。北海道には、台風と梅雨はないと考えていたが、今夏は立て続けに台風が上陸している。八月の夏の終わりの土曜日に羽田を出発して、一泊ではもったいないので二泊することにして、月曜の午後には帰京する予定を組んだ。台風の接近で月曜夕方から欠航になる可能性があったから、午前中の便に急遽変更して難を免れた。台風は予想通りに翌日北海道に上陸した。内陸の名寄や富良野辺りはもともと低湿地の盆地で、開拓時代以来、土を入れ替えて水を抜く作業を続けて来たというテレビ番組を見たばかりだったが、台風が上陸してジャガイモ畑が水浸しになり、芋は一昼夜で腐ってしまった。予想しなかった台風の来襲で大被害を出した。一方で、稲作が天塩川の流域の名寄盆地で可能になって来ている。稲作の北限はじわじわと拡大している。地球温暖化が喧伝されているが、縄文時代の海進の時代に戻っているだけだとの見方もある。
●旭川は屯田兵が開拓した町だ。薩摩の黒田清隆が初代の開拓史を務めた場所だ。酒の勢いで妻を殴り殺したのではないかとの疑惑があり、大久保利通の庇護で助かっているが、開拓使官有物払下げ事件にも関与した人物であり、不平等条約の交渉にも失敗して、何と条約改正案に反対した井上馨への鬱積から、酒に酔って井上邸内に忍び込むという珍事件を起こしたほどの直情短気な怪人である。征韓論をめぐって、西郷南洲とも対立したとされる。旭川の資料館の黒田についての記述は人物論としては省略され、むしろ大蔵喜八郎の鉄道敷設事業等のインフラ整備事業を特別に慫慂する説明となっている。北海道道庁となってからの払い下げ事件の展示は、むしろ肯定的に捉えているらしいのだが、民営化という私物化の収奪が北海道開拓の過程で大ぴらに実行されたことは、近年の構造改革論という収奪と破壊政策と同質同根にあると指摘されて然るべきだ。
●石狩国と天塩国の国境にあるから塩狩峠である。『塩狩峠』は三浦綾子による小説およびそれを原作とする映画の題名である。塩狩峠で発生した鉄道事故の実話を元に、三浦綾子氏が日本基督教団の月刊雑誌『信徒の友』に小説を掲載した。塩狩峠にある駅近くに、塩狩峠記念館および文学碑が建てられている。今年平成二八年は『塩狩峠』が書かれて五〇年になり、三七〇万部が読まれている。新潮文庫の三浦綾子『塩狩峠』は税込で七六七円である。
「結納のため、札幌に向った鉄道職員永野信夫の乗った列車は塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れて暴走し始めた。声もなく恐怖に怯える乗客。信夫は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけた……。明治末年、北海道旭川の塩狩峠で、自らを犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、生きることの意味を問う長編小説」と紹介している。塩狩峠の記念館には、三浦綾子氏の旧宅と教会堂の一部が移築されている。三浦綾子氏を支えた夫の三浦光世氏が残した流麗な書で、「全世界をもうくといえども己が生命を損せば何の益かあらん 春水」と揮毫して掛軸になっているのが深い印象を与える。駅のプラットホームには雑草が生い茂り、鉄道会社の経営の悪さが判る。長野政雄殉職碑は駅近くにある。
 宗教宣伝の匂いがするとして嫌悪する向きもある小説だが、福島第一原発の暴走を停めた東京電力の吉田所長以下の現場の人士や、樺太真岡郵便局の電話交換手のように、人命を救うために自分の命を投げ出すという英雄的な行為が現実に起きることを確認する場所としては、塩狩峠は実に美しい場所である。かつて、旭川には大日本帝国陸軍第七師団が置かれ、北辺の守りを担う重要師団として「北鎮部隊」と呼ばれていた。第七師団は日露戦争では旅順攻略戦と奉天会戦に参戦し勝利しているが、先の戦争では北辺の守りに専念従事すべき師団から一木支隊を編成、ミッドウェイやガダルカナル島という南冥の地にまで派遣せざるを得ない戦況にあった。北方専門の山下奉文がマレー半島攻略戦により英国植民地帝国の終焉をもたらした勲功を称えられる間もなくフィリピンに転戦させられ、マニラでの戦勝国による報復裁判で絞首刑となったのは無念である。
●旭川から名寄の北国博物館に行って名寄高師小僧を見た。国指定の天然記念物である。愛知県豊橋の高師ヶ原台地で産出するからその名がついているが、褐鉄鉱に近い湖沼鉄である。アイヌはトイチイとかカ二トイと呼んで、嘔吐下痢症の薬としても用いたと言う。要は、たたら製鉄以前に蝦夷地で鉄が湖沼鉄から生産されていたことを今回の北海道行で確認した。北国博物館には名寄鈴石も展示されている。中空になっていて、振ると音がするから鈴石で、岐阜や奈良にも産する。北海道産の褐鉄鉱の固まりが名寄鈴石である。それぞれの標本が箱に収めてあり、手に取ってみることもできる。黒潮の民は、縄文海進の川辺や沖積地に生い茂る蘆葦の原の湖沼鉄を原料に鉄を生産したのだ。列島の鉄は陸封文明が祖ではないとの歴史の重みをずしりと掌に感じる旅になった。  (つづく)

Kuroshio 165

「府馬の大楠」というタブノキ

●浜松町の貿易センタービルの一階に、房総半島の各方面に向かう高速バスのターミナルがある。「府(ふ)馬(ま)の大楠」というタブノキの巨木を見るために早起きして、銚子行きの高速バスに乗った。酒々井(しすい)のアウトレットに寄り、利根川の堤防に出て、神崎(こうざき)の道の駅に停車、利根川から香取神宮へ参拝する入口である津宮(つのみや)に寄り、筆者は、小見川(おみがわ)で降りた。鉄道の駅とバスの停留所は離れており、成田線の小見川駅まで歩いてタクシーを拾った。府馬までは歩くと一時間半はかかる。日頃は自分の足で歩くのだが、初めての土地でもあり、かんかん照りの真夏日だったから、往路は楽をすることにした。メーターが二千円を超える遠距離だったから、タクシーに乗って正解だった。府馬は、標高四〇メートルの台地の北端の小高い丘の上の集落で、天然記念物の標識と共に、根元に注連縄が張られた巨木が宇賀神社の神木として鎮座している。千葉県香取市府馬2395番地の宇賀神社には小さな社殿があり、その前に、訪問者の名前を記帳する台や説明書などが置いてある小屋がある。宇賀神社は宝亀四年(七三三)宇氣母知神を勧請したことに始まるとされる。地図で見ると、宇賀神社のある府馬は、香取神宮の真南に位置する。「大楠」が大正一五年一○月二◯日に国の天然記念物に指定されたとする碑には「府馬之大楠」と刻まれ、「山ノ堆の大楠」とも呼ばれてきたのだが、実は日本有数のタブノキの巨樹である。なにゆえにクスノキと間違えたのかは判らないが、近くの香取郡神崎の神崎神社に大楠があり、もともとタブノキはイヌクスと呼ぶ地方もあるので、同じ楠として区別をつけなかったのだろうか。それが、昭和四四年に至って、本田正次博士による調査により、クスノキではなく、タブノキであると確定している。樹高約一六メートル、幹周約一五メートル、根周は何と約二八メートルにもなり、樹齢は一三○○年とも一五○○年ともいわれている。北側には、小グスと呼ばれているタブノキがあるが、元は「大楠」の枝が地上に垂れ根を張って成長したもので、元々は繫がっていた。その証拠に、江戸時代後期の「下総名勝図絵」(宮負定雄・川名登編、国書刊行会 一九八○年)に大楠の図があって、大小の「楠」の枝が繫がって描かれている。平成二五年の台風第二六号で大きな被害を受け、香取市が本体幹の治療などを施して、倒れた太い枝も移植して保存している。「大楠」の北西部は整備されて公園となっており、展望台もある。展望台からは『麻績千丈ヶ谷』とよばれる谷津(やつ)を眺めることができる。大地の間に枝のように入り組んだ細長い地形の低地を谷津というが、海水面が今より十二メートルは上昇していた縄文海進の時代には、その谷津が海であったことが想像できる。近くの大地の集落である、田部の沖、竹ノ内、小見、高野の各集落を島になぞらえ、『陸の松島』と呼んでいることにも納得がいく。帰りは、小見川駅まで一時間半の距離を歩いたが、「大楠」のある台地は、遠望すると水平線の上に出た島影のように見えた。利根川堤防から地平線が見えたかと知人に聞かれたが、なるほど、関東平野は、海が徐々に干上がり淡水湖の霞ヶ浦とともに大平原を成したことが分かる。

●麻績と書いて、「おみ」と訓むことは筆者には新発見だった。長野県の筑摩郡の奥に、麻績村という美しい村が今もあることも知った。府馬の大楠を観察するために高速バスを下車した小見川(おみがわ)の小見は麻績と同じ訓である。霞ヶ浦航空隊跡地に建てられた記念館を訪ねた際に、麻生町があったことを覚えていたが、その麻生町は茨城県
行方市の一部となり、府馬のある香取市の霞ヶ浦の対岸に位置する。府馬の高台から望む麻績千丈ヶ谷の名も、麻との関係を証明しているから、この一帯が麻織物の一大生産地であったことを想像させる。辞書には「おみ【麻績】〔「おうみ(麻績)」の転〕青麻(あおそ)を績むこと。また,それをする人」と解説し、「打麻(うつそ)やし麻績の子らあり衣の宝の子らが」と万葉長歌を引く。『延喜式』伊勢神宮神衣祭の項に「右和妙(にぎたえ)の衣は服部氏、荒衣(あらたえ)衣は麻績(おうみ)氏。各自潔斎して、祭日一日より始めて織り造り、十四日に至りて祭に供ふ」とあるから、近辺の麻績の谷津の村々では、香取や鹿島の神宮に献上する荒衣が紡ぎ織られていたことは間違いあるまい。

●香取市の周辺に大古墳群が散在する。国道沿いにバスの窓からも前方後円墳が眺められた。利根川南岸の自然堤防上に分布する古墳群には、前方後円墳が五基、円墳が六基あるという。江戸時代以前は、香取神宮の前に広がる内海は香取海(かとりのうみ)と呼ばれ、関東平野の東部に湾入して下総と常陸の国境に存在し、鬼怒川等が注いでいた。内海、流海、浪逆海(なさかのうみ)などの名があり、鬼怒川が注ぐ湾入部は榎浦と呼ばれ、黒潮の海民の住む浮嶋もあった。神栖神社の巨樹が元は砂地に植樹されたことは書いた。大化の改新の後、匝瑳(そうさ)郡の一部を香取郡とし、香取神宮の神主は大中臣氏(おおなかとみうじ)が務め、奈良の春日大社には、鹿島の武甕槌(たけみかづち)大神と香取の経津主神(ふつぬしのかみ)が勧請されており、藤原氏と深い関係のあることを想像させるのだ。(つづく)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

興味深いリンク